フリー保健師として働くことはできる?

kangoshi-mokihyou保健師は、普通は公務員としてや企業に雇われる形で働くと思っている方が多いと思います。でも、保健師はフリーとして働くことも可能です。

独立して働くということは、自分の好きな量の仕事をこなすことが可能ということです。自由な時間を楽しみたいなら、仕事量を減らして家事や育児の合間に仕事をすることも可能です。

逆に、どんどん積極的に仕事を入れて沢山の収入を得るということも可能です。ただ、もちろん保健師の資格を取得してすぐにフリーで仕事をできるかというと難しいと思います。

やはり、保健師としての実績が無いと仕事をくれるところもありませんから、フリー保健師として働きたいと思っても仕事が回ってきません。仕事を回してくれる企業があってこそのフリー保健師ですから仕事ができるようになってからフリー保健師として働くというのが通常です。

また、帳簿付けや確定申告なども自分で行うため、保健師としての知識だけでなく事業主としての知識も必要になります。フリー保健師は、雇われずにストレス無くマイペースで働きたいという方にお勧めの働き方です。

それでも、多くの保健師は病院や関連の施設で働いている場合が多く、給料も安定していることからフリーでやる保健師は多くはないんですね。フリーでやらなくても看護師求人口コミで人気の病院はいくつもありますし、そのような病院を探してみるというのも良い方法ではないのでしょうか?

保健師の転職方法

転職というのは人生の岐路のようなもの。どんな人でも一度ぐらいは転職を経験することでしょう。けれども転職は失敗しないことが一番いいわけですから、やはり失敗はしたくないものです。というわけで保健師の転職方法についての説明をしていきたいと思います。

保健師や看護師の転職で失敗しない方法はインターネットを利用して転職先を探すことです。ハローワークなどでも転職先を見つけることは可能ですけれども、ハローワークの場合は競争率がとっても高いこともあらかじめ視野に入れておかなければなりません。

ハローワークは公共の機関ですから信用度が高いと思われがちです。

確かに実際そうなのですけれども、弱点があるのも事実で大々的に人を募集している企業しかないのです。そういう意味ではかなりの倍率を誇ることになり、就職するのが非常に難しくなると言う側面もあります。ではどんなところの募集を見ればいいのかと言いますと、インターネットです。インターネットでは様々な企業が募集をしておりますので失敗しない就職選びをすることが可能になるのです。
参考>>看護師転職クリニック!好条件の求人が多い転職サイト